こんにちわ  gokuriです。

サイドカットについては既に知っている方が多いかと思いますが、

サイドカットにもイロイロと細かなテクニックがあったりするので記事にしてみます。


1.基本

まず基本から。

サイドカットとは、先に壁の外にある設備を壊すことで、主力ユニットを壁の中に入れ

戦力を集中させて攻めること。

カット基本


これからサイドカットを覚える方は、まずはサイドカットの広さを意識しましょう。

狭い面から攻めた方が戦力が集中するし、サイドカットが簡単です。

広いサイドカットをする場合、壊す建物が多くなり戦力が分散するので難しくなります

これからサイドカットを覚える方は、まずは狭いサイドカットを体で覚えましょう!


2.端(はじ)を壊せ!

サイドカットのキーポイントになるのは、端にある建物です。

gowipeの基本 で出てきた村を上から攻める場合、
下の図のように面取りの端になる設備から壊すのが確実です。
端の設備さえ壊せばサイドカットはほぼ成功したようなものですからね

ウィズが外側に流れないように、端にある設備のやや内側に出します。

端から壊せ

では、黒いバツ印がついてるところが、もし金庫やエリクサータンクだったらどうでしょうか?
HPが高いので他の設備より壊れるのが遅れ、その結果、
ペッカやバルキリーの主力ユニットが横に流れる要因となります。


これの解決策は、ウィズを早めに一体出す。もしくはウィズを二体出すことでカバーできますが、
攻める側からするとやりづらいことには変わりません。 サイドカットの難易度が一段階上がっていると言えますね。

サイドカットがうまい人=主力ユニットが横に流れない人はこういったポイントを必ずチェックしているはずです 


3. 小技「建物残し」

バルキリーは非常によく横に逸れます。その姿はまさに暴れん坊将軍。

というのも、ユニットは目標にする建物との 「距離」 を見ているのではなく、
建物を攻撃しに行けるまでの 「時間」 を見ています。

つまり、バルキリーやアチャクイといった足の速いユニットほど、攻撃するまでの時間
が短いので、横に逸れやすいのです。

バルキリーは下の写真のように、あえて金山をを残し 「ここに行け!」 
という感じで出すと暴走しづらいです。

あえて残す


この建物残しのテクニックはけっこう使えます。

壁に対してナナメに攻める時や、少数のユニットを一箇所に集めアチャクイを始末する時に使うといいです。

では、ご意見・ご要望などお待ちしています。

また来週~